1. HOME > 
  2. 竹田ランチェスターとは

竹田ランチェスターとは

ライバルとの勝負で特別大事になるもの、それは「戦略」です。

ランチェスター経営戦略の元となる「ランチェスター法則」では、戦略は2つに分類することができ、陣営に見合った戦略を執るべきだと説き示しています。

これをビジネスに当てはめると、一つは、業界1位の座にある会社がさらに良い会社を目指して使う「強者の戦略」。そして、現時点で業界1位ではないがこれから1位を目指す会社が使う「弱者の戦略」となります。

業界の中で強者の戦略が使える会社は、全体の0.5%しかなく、99.5%は、弱者の戦略を使う立場になります。しかもそのうち40%は、競争条件が特別不利な「番外弱者」と位置づけられています。そうならないためにも弱者は弱者のルールに忠実に、弱者の戦略を用いて計画を立てていく必要があります。

もし弱者の戦略で計画を立てるべき会社が、間違って強者の戦略で計画を立て実行してしまうと、根本的に間違った仕事を全員で実行することになるのです。そうすると経営効率は低下、結果として粗利益も下がり、様々なロスが発生。戦略ミスから生じるロスは、音を立てることなく着々と進んでいくため、原因が戦略ミスにあることに気付かない人が多いのです。その結果社長は、原因は社員の働きにあるとし、社員の教育に力を入れようとします。 しかし、社員が担うのは戦術であり戦略ではないため、いくら社員を改善しようとも成果は現れません。

戦略とは社長が考え、示していくもの。社長が自ら気付き、戦略を見直さない限り、業績は決して回復しないのです。

ランチェスターの法則とは

「ランチェスター法則」とは別名「競争の法則」とも呼ばれ、第一法則と第二法則の二つから成り立っています。世界大戦時に軍事で応用され、戦後日本で経営に応用されました。

(小さな会社は人数(兵力数)が少ないので、「接近戦」や「一騎打ち」に持ち込まないと不利になる)つまり射程距離が短い兵器を使うと、兵士の数に差はあっても損害は同じになる。
A軍とB軍の兵力比は5:2だが、実際の損害率は2乗比なので、25:4になる。(大きな会社は人数(兵力数)が多いので、「間隔戦」や「広域戦」にすると、数のメリットを有効に活用できる)

竹田ビジネスモデル(経営を構成する8大要因と実行手順)

竹田 陽一 先生 ご紹介

中小零細企業向けの経営コンサルタント、ランチェスター経営戦略の講演家として名高い竹田陽一先生。

竹田 陽一 先生1938年10月生まれ。福岡県久留米市出身、福岡大学経済学部卒業。
職歴は建材メーカーで経理と営業を担当した後、28歳のときに企業 調査会社に転職。
中小企業の信用調査と倒産会社の取材および営業を担当され、営業面では入社3年で九州で1位になり、5年で全国1位になった実績を残されています。

企業調査会社在職中に営業活動の一環で講演活動を始められ、1983年45歳の時に一念発起し同社を退職。そして今に続くランチェスター経営株式会社を創業されます。

ランチェスター経営戦略とは、1914年10月2日にイギリスのフレデリック・ランチェスター氏が発表した2つの法則が元になっています。そ れが後に競争の法則と呼ばれ、第二次世界大戦中にアメリカが戦闘に応用し大きな成果を上げます。このやり方が後にオペレーションズリサーチ(実際的問題解決法)という新しい学問を生み出し、それが日本に持ちこまれ、経営戦略に応用されるようになりました。

竹田先生とランチェスター経営戦略との出合いは、同氏が35歳の時に故田岡信夫氏が語るランチェスター経営戦略の講演セミナーに参加したのがきっかけです。田岡氏、そしてランチェスター経営戦略に強く感銘を受けた竹田先生は、田岡氏からその理論を学び、さらに多くの文献を研究し、独自の成功戦略もふまえ、より解りやすく、より実践的な経営理論を生み出します。

竹田先生はその経営理論を多くの時間とお金を費やして書籍、CD、DVDという教材にまとめられました。竹田ランチェスター経営戦略を学んだ経営者 方々からは感謝の声が多く聞かれ、その理論に感銘し、その教材をより多くの人に伝えたいという代理店が今や多数全国各地で活動しています。

竹田先生がオペレーションズリサーチとランチェスター法則から導き出した、『願望53%、戦略40%、戦術7%』という事実。その大切な 戦略40%の部分を『竹田ランチェスター経営教材』が教えてくれます。戦略要因を細分化し、ひとつひとつをとても解りやすく説明しているその教材を私達は 活用しない手はないと思うのです。